top of page
  • 執筆者の写真グリーンモールハウジング事務局

お陰様で弊社は創業20周年を迎えました。

ありがとうございました。ご縁を頂きました沢山のお客様、取引先企業様、従業員の皆様のご支援で株式会社グリーンモールハウジングは令和4年12月に創業20周年と相成りました。 謹んでお礼申し上げます。



21年程前の帰省の際、初めて参加した同窓会で同級生たちが慣れない不動産取引きで苦労している状況を目の当たりにして、 故郷の荒尾市で不動産会社を創業しました。


私自身は永年不動産会社で勤務し取引先も多く、市場も良く知り住み慣れた街である東京都内で仲間と不動産会社独立創業を予定していました。不動産会社数が日本一でしのぎを削っている新宿から人口減少中の故郷:荒尾市での創業は無謀に見えたようで、当時荒尾市に有ったハローワーク担当者からの一声は「直ぐに東京に戻りなさい。 何故仕事の有る東京からわざわざ就職先が無い荒尾市に戻ってくるの!」でした。 多分私の事を考えてくれてのアドバイスだったと思います。


当時お世話になった取引先不動産会社・金融機関等に故郷九州に戻ると挨拶に行くと、ありがたいことに信託銀行系福岡支社や地場九州の私鉄会社が不動産事業を行っているから等

複数の転職先紹介のお声掛けを頂戴致しましたが、何れも独立を考えておりましたので

ありがたくも辞退させて頂きました。


当時、両親も現役で就業しており、元気で介護の必要も無かったのですが、近い将来も考え自身が両親のそばで暮らす結論に至り、荒尾市で生活する為には自身の職場を自分で確保するしかないとの想いで、都心からUターンし現在のゆめタウンシティモール(当時あらおシティモール)内で不動産会社を創業しました。( 創業当時モール内で営業する不動産会社は西日本エリアでは弊社のみと記憶しています。)


開業後は私一人でしたので、丁度余っていた2階のトイレ横スペース(現在市民サービスセンターの一部)を壁で囲い6帖ほどのスペースからスタートしました。開業1年半程は朝から夜遅くまで無休で働き、家に帰り寝るだけで警備からはモールに住んでいる。と言われていました。(笑)モール閉店後照明が落とされた暗い店内で、工事用スタンド照明を点け仕事をしており、館内トイレには懐中電灯持参でした。(笑) モールの出店契約では無休でしたが、1年半後あたりでモール側から休みを取って良いと言われ以後、毎週水曜日定休を認めてくれました。

その後、お陰様で仕事や仲間も増えたタイミングで丁度 目前に空き店舗27坪が出ましたのでそちらに移動し、お客様も増えたことで更に社員募集を行い、17年間程2階の店舗で営業しておりました。

(グリーンモールハウシング2階 旧店舗外観 今は紀伊国屋さんの店内です。)

一昨年2階に荒尾市図書館の移転とコロナ禍も機により広い接客空間と快適なオフィス環境を目指し、現在の1階 正面バス停横店舗36坪へ移転し、新しい仲間も増えました。

更に法人も有限会社から株式会社へ移行、同時に資本金も1,000万円へ増資を行いました。

株式会社グリーンモールハウシング 1階 正面バス停横 新店舗 内部


この度、 令和4年12月に創業20周年を迎えさせて頂きました。

これまで荒尾市内の不動産を中心に賃貸・売買・企画管理・分譲地開発・新築戸建て供給・と空き家再生・販売代理まで少人数ながら幅広く不動産事業を展開してまいりました。


自社分譲地 第4弾 GMタウン 「ヒルズ・アクレイム緑ケ丘Ⅱ」 全11区画

グリーンランド通り沿い セブンイレブン緑ケ丘店前


「西鉄サニーヴィラ緑ケ丘 総36区画」 売 主:西日本鉄道株式会社

販売代理:有限会社グリーンモールハウシング

荒尾市内の大型分譲開発事業では大手企業様と共に販売代理事業協力させて頂き、荒尾市の市場ニーズを良く知る弊社は販売代理の枠を超えた企画から参加させて頂き、より地域に

求められる建売住宅を売主企業様と共に供給させて頂いた結果、プロジェクトの成功に繋がりました。

今でも住んで良かった!と購入されたお客様方がモールへお買い物来館時に弊社にお立ち寄り頂いております。


更に7年程前からは全国的に急増する空き家対策にも取り組み、荒尾市と熊本県宅建協会の空き家バンク創設後、協力会社として荒尾市内の空き家・空き地・空き店舗の解消に向け積極的に取り組みながら流通含め年間30件程空き家、空き地の再生を図っており自社にて買取り断熱性能等の付加価値を追加しより魅力ある中古住宅として再販事業を行っております。


弊社の地元ゆめタウンシティモール周辺緑ケ丘エリアの不動産取引量は市内トップで有り、特に利便性で人気の「緑ケ丘リニューアルタウン」の一戸建て、荒尾市内分譲マンション

総供給量の70%超が集中する緑ケ丘エリアの分譲マンション取引量も総戸数275戸の内

売買だけで61件(総戸数の22%超)を弊社で取扱いさせて頂きました。(2022年10月末時点)

ゆめタウンシティモール隣接人気の分譲マンション「アンピール緑ケ丘壱番館」

荒尾市中心部ゆめタウンシティモール隣接「緑ケ丘リニューアルタウン 総366区画の街」

売主:荒尾市土地開発公社 完売済み

自社企画・管理 デザイナーズ賃貸マンション「メゾン・ド・緑ケ丘」

RC造6階建て総37区画(1K~4LDKメゾネットプラン、店舗) 2007年3月竣工

緑ケ丘カンガルー保育園向かい

(敬称略)



これからも私たちグリーンモールハウシングは「お客様に最良な不動産サービスを提供する。」 経営理念に基づき変化をおそれず不動産サービスでお客様や故郷荒尾市に報恩奉仕して地域貢献を目指します。



次の30周年に向けて 社員と共に邁進する所存です。

今後とも よろしくお願い申し上げます。 令和5年3月5日


株式会社グリーンモールハウジング 代表取締役 藤崎 竜一


株式会社グリーンモールハウジング 営業部



閲覧数:35回0件のコメント

Comments


bottom of page